サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

73年間愛し合った夫婦にやってきたお別れの時。夫は妻に思い出のラブソングを贈った

Pocket

長い間愛を深めてきた夫婦にも、別れの時はやってきます。
そんな場面で皆さんならどのような行動をとりますか?

今回ご紹介するご夫婦は、思い出のラブソングを贈ることにしたようです。

最後の瞬間に選んだのは、思い出の歌を歌うこと

出典:youtu.be

93歳になるローラさん。
彼女は、”人生の最後を迎えるときを安らかに過ごす”ことを目的としたホスピスという施設に入所しています。

「もう間も無く」
そう医師が判断し、家族が集まった時の様子です。

73年間一緒に連れ添った夫のハワードさんも、もちろんその場に居合わせます。
ハワードさんも92歳という年齢のため、車椅子を使い長く立っていることも辛い状況。

出典:youtu.be

二人はまるでいつもの時間のように会話のやり取りをします。
しかし、ハワードさんは耳がほとんど聞こえない状態。
ローラさんも病気のため目がほとんど見えていません。

”I love you”

ローラさんは最後に、夫へ自分の気持ちを伝えます。
その言葉を聞きながら妻の顔を撫でるハワードさん。

出典:www.youtube.com

そして二人の思い出の歌を歌います。
この歌はハワードさんが第二次世界大戦で戦地に向かっていた間、ローラさんの心のよりどころになっていたラブソング。

結婚50周年記念の時、2人でデュエットもした思い出の曲でもあります。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook