サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

交通事故により会えなくなってしまった飼い主。遺影を見つめる愛犬の姿に涙

Pocket

21歳と言う若さでこの世を去ってしまった飼い主さん。
とても可愛がってもらった愛犬”ジャックス”のその後の姿にこみ上げてくるものがあります。

別れは突然訪れた…

出典:www.buzzfeed.com

アメリカ・カリフォルニア州で起きた悲しい出来事。
アブラハム・マルティネスさんは自動車事故により、21歳と言う若さでこの世を去りました。

アブラハムさんは、生後6週間の頃から家にやってきた愛犬ジャックスを飼っていました。

出典:www.buzzfeed.com

アブラハムさんはジャックスがとても可愛く、十分に愛を注いで接していたそうです。
もちろんその愛を感じていたジャックスにとっても、アブラハムさんのことはとても愛すべき存在であったことは間違いありません。

しかし、突然訪れてしまった別れ。
ジャックスもアブラハムさんの家族と同じように、悲しみに打ちひしがれていたのです。

出典:www.buzzfeed.com

事故があった日から、ジャックスは暖炉の前に飾られた彼の遺品を見つめながら横たわっていることが多くなったのです。

その姿からは、見ている方にもジャックスの悲しみが伝わり胸が締め付けられます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook