サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

障がいを持って生まれ捨てられてしまった犬。しかし素敵な笑顔は世界に勇気を与えた

Pocket

障がいをって生まれた犬「デイジー」。
それが理由で捨てられたデイジーでしたが、その笑顔は世界中に勇気を与えました。

出典:www.facebook.com

デイジーは生まれつき、骨格の異常が原因で上の歯よりも下の歯が外側に出てしまう反対咬合(はんたいこうごう)でした。
また、前足にも障がいを持っていたため歩くことがままならず、それが原因か動物保護団体が保護した時は路上に捨てられていたそうです。

出典:www.facebook.com

保護されたものの、障がい持ちのペットは引き取り手が現れ辛いというのが現状です。
飼い主が見つからない状況が続き、デイジーは安楽死リストに追加されてしまいます。

しかし、ボランティア団体がデイジーを救い出し、そから数ヶ月後には新しい家族も見つかったのです。

出典:www.facebook.com

デイジーの負担を減らそうと車椅子を使い、その車椅子を可愛く装飾する飼い主さん。

これは障がい犬だからと言って”可哀想”と思われるのではなく、明るく楽しく生きていることを伝えるために、と考えられたそうです。
また、障がいをものともせず笑顔で駆け回るデイジーの姿を知ってもらおうとネットに公開すると、世界中の人々から嬉しい反響があったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook