サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

違法な闘犬によって悲しき傷を負わされた犬!最後まで人間を信じ続けてくれる姿に感謝・・・

Pocket

アメリカでのエピソードです。アメリカは闘犬が違法な国です。

しかし、違法な闘犬はどこかで起きていてそして違法な闘犬が人気があるのが現実です。

そんな違法な闘犬の犠牲になった犬。

どんな状況になっても人間を信じてくれた姿に胸が苦しくなります

違法な闘犬によって消えない傷を負わされた犬

2015年6月8日、アメリカで1匹の犬が亡くなりました。

彼の名前はサムと言います。愛する家族に最後を診止められましたが、彼はこの愛情を手に入れるまで様々な犠牲を払っています

悲惨な現場から救助されたサム

サムは約3年前にある悲惨な現場からアメリカ動物愛護協会が救出した犬です。

サムは違法な闘犬を行っていた犯人に酷い虐待を受けていた犬たちの1匹でした。

アメリカ動物愛護協会が違法な闘犬で虐待されている犬を救出するために現場に到着すると、

そこにはボロボロの犬小屋に太い鎖でつながれているひどい状態の犬たちが17頭もいました。

サムものその中の1匹です。

愛護団体のメンバーを見たサムは、最初おびえて隅の方にうずくまっていましたが、

メンバーがサムが閉じ込められていた檻を開けるとすぐにこの人間たちは悪い人間ではないと理解してくれたのです。

闘犬という動物虐待がサムに残した傷、サムの体に残されたひどい傷跡を見たメンバーは、

心底心を痛めます。サムは虐待により元の顔が分からないほど傷つけられていたのです。

サムの傷を見れば、サムが今までどれほどの苦痛に耐えてきたのか想像がつきます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook