サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

闘犬としての生活を強制されていたピットブル。自由になった途端、優しき笑顔に世界中が夢中に

Pocket

闘犬は世界で禁止されている事が多いスポーツです。

そしてその犠牲になる動物達の運命は酷いものです。傷つき、生物に対して優しさを持たせないように育てられる。

未来は決して明るくないものです。

今回のエピソードは闘犬も自由になったら素敵で優しい笑顔を見せてくれる事を証明してくれたエピソードです

生まれてから、このピットブルは残忍さ以外何も知らなかった。

2013年8月13日、アメリカ合衆国の闘犬関係者への厳しい取り締まりが実施され、350頭以上の犬が飼い主たちの元から自由の身となる事になりました。

彼らが育てられていた環境はとても劣悪です。

狭い小屋に鎖で繋がれ、残忍な事を進んでするように教育されていたのです

彼らが救出した勇敢な「グラディエーター(闘士)」のうちの一頭は、ティミー・クーパーと名付けられたピットブルの子犬です。

この子はこの救出作戦のシンボル的存在になりました。

救出された時、わずか生後8週だったティミーは、重たい鉄の鎖に繋がれ体は痩せ細りっていました。

この幼き命は救出作戦がなければ残忍な教育を強制されていたのです

こんなに可愛い犬が人間の娯楽の為に命を脅かされていたのです

悲しい目をしています

しかし、ティミーは、アメリカの動物保護団体American Society for the Prevention of Cruelty to Animalsの

「マスコット犬」として、闘いの世界から救われた後、世界中の動物愛好家の心を掴みました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook