サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【死という現実から逃げるな】白血病により23歳で亡くなった青年の命を懸けたメッセージ

Pocket

死が近づけば、その分人間は人生をより濃いものとして色々考える事がある聞きます。

年齢が若い時に死を意識した方であれば尚更です。

色々な事を我慢して生と死と向き合う。

23歳にして他界してしまった青年の命を懸けたメッセージ。

最後までご覧ください

死という現実から逃げるな

『やれる可能性のあるやつが努力しないのを見ると、胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる。』

生という事を深く考える事から出てくる言葉。

この悠季くんの言葉は、ひすいこたろうさんの著書「あした死ぬかもよ?」に掲載されています。

死を意識しないから普段の生活に余裕をもってだらけてしまう事があります

しかし、残念ながらどんな人でもいつか必ず死を迎えます。

それを受け止めることこそ、「生」を輝かせること。

そうした考えのもと、悠季くんの言葉以外にもいくつかの言葉が掲載されています。

人生を終える日。どんな気持ちなら最高ですか?

毎日を後悔なく生きる事。やりたい事をやり切った人生。

死を意識して毎日を生きると本当にやりたい事がなんなのか?

無駄なものを全て排除して生きてく事になります

人生の最後をどうするのかを改めて自分に問う必要があります

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook