サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

火事で大やけどを負った子犬。消防士が起こした優しさで全ての運命が変わる!

Pocket

このエピソードは登場人物全てが優しいです。そしてあきらめる事のない犬が起こした素敵な素敵な物語です。

大やけどを負い瀕死の状況になっていた犬。その犬を懸命に助け、最後まで面倒みる。

その優しさが全ての人を幸せに変えていきます

最後までご覧ください

消防士の優しさが全てを変えます

米サウスカロライナ州で、消防士として働くビル・リンドラーさん。

ある日、仕事から帰宅した彼は、とんでもない光景に気付きます

近所の家のガレージから炎が上がっているのです。

それを見た瞬間、リンドラーさんはすぐに行動を起こしました。

現場には炎から逃れるように走り出る母犬と子犬たちが!

さらには、逃げ遅れた様子の子犬が、焼け落ちた天井の一部から這い出そうとしていたのです。

キャンキャンと鳴きながらなんとかそこから抜け出したものの、燃えるガレージの隅で縮こまってしまった子犬。

応援が駆けつけるとリンドラーさんはガレージの中に入り、カウチの下で隠れていた子犬を無事に救出する事に成功しました

大やけどの影響で、呼吸もしていない状態の子犬に人工呼吸を施し、病院に連れていくと・・・なんとか生き延びてくれました。

そして、その数週間後、子犬の体調を確認するため病院を訪れたリンドラーさんは、

そこで飼い主が子犬を引き取りに来なかったことを知ります…。

体の70%にやけどを負い、回復するまでに数週間もかかる子犬のことを放ってはおけなかったリンドラーさん。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook