サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

余命宣告を受けた高校生。卒業式に登壇し、仲間に向けて贈った感動のスピーチ

Pocket

18歳にして余命宣告を受けたジェイク・ベイリー君。
男子高校で生徒会長を務める彼が、卒業式のスピーチに登壇し仲間に伝えたかった内容とは…

若くして受けた余命宣告

出典:youtu.be

ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長を務めるジェイク・ベイリー君。
彼は卒業式の1週間前に進行性のガンであるバーキットリンパ腫と診断されました。
医師からはすぐに治療を受けなければ余命は数週間であり、卒業式への参加自体難しいと言われていました。

出典:youtu.be

しかし彼は、医師の忠告に背き卒業式に出席し予定されていたスピーチを行うことを選びました。
きっと彼にとって、今の自分だからこそ仲間に伝えられることがあると思ったのではないでしょうか。

出典:youtu.be

その感動的なスピーチの力強さに、ニック・ヒル校長も驚いたそうです。
彼が自分の命をもかえりみず、仲間に伝えたかったこととは?

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook