サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『私は死にたいの』父は先に亡くなりダウン症の息子と姉と車椅子の母。娘が返した深い言葉の意味とは

Pocket

バスや電車の中や道端で車椅子の方を見かけた時、あなたはどんな印象を持ちますか?

『可愛そう』等の気持ちを持つ方も多いと思います。

その気持ちは別に悪い事ではありません。しかし、車椅子の方から感じる印象はちょっと違うかもしれません。

辛すぎる毎日に母が娘に相談した内容とは、そして娘が返した以外な解答とは?

辛すぎる毎日の中の生活

岸田ひろ実さん。車椅子歴7年(撮影当時)になる彼女は、昔から歩けなかったわけではなく、

7年前のある日突然「大動脈解離」という病気になってしまいます。

10時間にも及ぶオペの末になんとか一命はとりとめましたが、胸から下の神経が麻痺してしまい、歩行する事が困難な体になってしまいます。

その日から、私は日常普通にできていること、当たり前のこと、すべてを失ってしまいました。

絶望と向き合う日々が始まってしまいました。

写真に写っているように、長女と、そしてダウン症という知的障害がある長男。3人家族です。夫は10年前に病気で亡くなってしまいました。

私にとって頼れる存在であるのは、たった1人の長女でした。そんな長女は歩けなくなった私を毎日毎日励ましてくれました。

「ママ、大丈夫だから。何とかなるから、一緒に頑張ろう」一生懸命励ましてくれました。

しかし、そんな励ましは私にとってまったく響かなかったです。心に届かなかったです。

それはどうしてかというと、今まで普通にできていたことがまったくできなくなったからです。

たとえば、寝返りをうつことも1人でできません。ベッドから起き上がることもできません。

もちろん車椅子に乗り移ることも無理でした。お風呂も1人では無理。トイレも1人では無理。無理なことばっかりです。

そんな私に「大丈夫だよ」って言われても、何が大丈夫なのか。

毎日毎日ベッドで泣いていました。しかし娘がくると、娘にはこれ以上苦労をかけたくない、

落ち込んでいる私の姿を見せたくないという私の意地があったので、いつもいつも笑ってやり過ごしていました。

大丈夫、大丈夫、私は大丈夫だよ。そういうふうにやり過ごしていました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook