サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「処分された罪なき動物の命」殺処分の現場から届いた現実を私達は直視しなければいけません

Pocket

今回紹介させて頂く記事はかなり辛い内容になっています。

殺処分されている犬の写真も含まれています。しかし、現実を直視してほしいと記載させて頂きます。

先進国といわれる日本が年間約17万頭もの罪のない犬や猫が殺処分されています。

直視した上で色々考えて頂きたいと思います

動物の命を現実

東京都都議会議員・塩村あやかさんに記載されている文を引用させて頂きます

出典:shiomura-ayaka.com

東京都都議会議員・塩村あやかさんはこの殺処分を含め多くの動物愛護に関連した活動を行っています。

塩村さん一行はTOKYO ZEROキャンペーンにて、某自治体の視察を行いました。

そこで見た殺処分のリアルな現実をブログに記載しています

時間になると、職員が檻の中にある水と最後の餌の器を下げに入る。

犬達は職員を威嚇することもなく、視察メンバーの私たちをジッと見たり、近づいてきたりする。

どの子も普通にそのあたりで飼われてそうな様子で、胸が痛む。

どうして、ココにいるの、こんな運命になってしまったの・・・と思う。

殺処分の方法は二酸化炭素ガスを用いて、数分間もがき苦しむ窒息死。

この画像はまさに今、殺処分が開始される時を待つ犬達の写真です。

出典:shiomura-ayaka.com

首輪が約半数の犬についていることが確認できた。

飼われていた子達。無責任な飼い主のせいで、「今日、死んでもらう」ことになってしまった。

私はどんな事情があるせよ、新しい飼い主を探すことや、信託を用意しておく、鑑札や名札、

マイクロチップの挿入など、出来ることがあったにも関わらずしていない飼い主に言いたい。「殺される責任は飼い主に大いにある」と。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook