サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

これは本当?諸事情により動物と結婚した世界12人の人々のエピソード!

Pocket

動物と結婚?これは法律的に許されるかは置いといて、世界には色々形の結婚がありますね。

筆者も動物が大好きなので結婚したくなる程愛する事は不思議な事ではないと思います。

ですが、実際に結婚となるとどうなのかな~と思ってしまいます。

しかし世界は色々な人々がいるもんですね。

ちょっとびっくりするエピソードを紹介させて頂きます

動物と結婚エピソード!!

飼っていた馬と結婚した男性

1992年、マーク・マシューは自分が飼っていたピクセルという名のポニーと結婚しました。

TVでトーク番組をやっていたタレントのジェリー・スプリンガーは、同番組内でマークとピクセルの妙な関係を明らかにしようとしました。

しかし、担当のディレクターがTVで動物との愛について語るなんてとんでもない!と反対したため、その番組は放送されなかったそうだ。

雌牛と結婚した少年

バリ島に住む18歳のングラ・アリットは一頭の雌牛に恋をしてしまいました。

ちなみに本人の話では”雌牛の方が先に誘いをかけてきた”という。2010年6月、島では、宗教的儀式の一つとされている、

“不浄な行為をした村民がいる村を清めるための儀式”がとりおこなわれた。アリットはその牛と強制的に結婚させられ、

厳粛な結婚式の後、アリットと”新婦”は海に沈められた。

だがありがたいことにアリットの方はただ”形式的に”沈められるだけで済んだ。牛の新婦の方はと言うと。。。。。

2005年12月、41歳のイギリス人億万長者シャロン・テンドラーは、イスラエルのリゾート地で

シンディという名のイルカと結婚し生涯の愛を誓いました。

シャロンがシンディと出会ったのは15年前で、それは初めてそのリゾート地を訪れた時のことでした。

テンドラーはそのイルカに好意を持ち、年に2、3回イスラエルを訪問しては水中でそのイルカと過ごすようになった。

その交際に長年かけた末、テンドラーは愛しいイルカと共に尋常ならざる道を進む決意をました。

12月28日の午後、驚きを隠せない数百人もの観客をよそに、白いドレスを纏って喜びに胸を躍らせた花嫁が波止場の方へ降りて行き、

水の中で待機していた新郎の前にひざまずいた。

仲間のイルカ達に付き添われたシンディが泳いでテンドラーの元までたどり着くと、

彼女は彼を抱きしめてその耳に愛を囁き、人々の拍手喝采を受けながらキスを交わした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook