サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

墓の前に穴を掘って横たわる犬。犬が必死に守っていた大切なものとは?

Pocket

お墓に穴を掘る。これは失礼な事です。先祖に大して尊敬を持ち、感謝を述べる大事な事です。

ある犬がお墓に穴を掘って横たわっていました。もちろん普通に考えれば怒らなければなりません。

しかし、この犬には穴を掘ってでも守らなければならない物がありました。

命に大して真剣に考えている犬のエピソードを紹介させて頂きます

横たわる犬には理由がありました。。

1匹の犬が横たわっているのは…なんとお墓の前の穴。

セルビアの首都ベオグラードで撮られた1枚の写真が世界で話題になりました。

何故この犬、どうしてこんな所に入り込んでしまったのでしょうか?

お墓の前の穴の中に、身を隠すように入り込んだ1匹の犬が発見されました。

声を掛けても、穴から出てきてくれる様子はありません。

そのため、セルビアで動物保護活動を行っているヴェスナ・ミハイロスキさんが、何とか助け出そうとその墓地へと駆けつけました。

そこで、驚きの事実が発覚します!

一向に出てこようとしない犬の様子を不思議に思い、そのお墓の中を覗き込んでみると…、

なんと生まれたばかりの子犬たちが発見されました。

この犬は生まれたばかりの子犬を守ろうと、お墓の下に穴を掘り身をひそめていたのです。

おそらく頼れるもののいない母犬が出産を控え、どこかに安全な場所はないかと探し当てたのが、この墓地だったのでしょう。

人間の中ではマナーが指摘されてしまう内容ですが、子犬を守る為に考えられた最適な方法だったのかもしれません

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook