サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

宇多田ヒカルが新曲『花束を君に』に込めた天国の母への思い

Pocket

歌手活動を休止していた宇多田ヒカルさん。新曲を発表のニュースがとても話題になったのが

記憶に新しいと思います。

この新曲に特別な思いが込められていました。それは天国に向けた母へだったのです。

その思いを考えながら聞くとこの曲も新しい聞こえ方がするかもしれません

宇多田ヒカルさんが新曲に込めた思い

出典:www.youtube.com

宇多田さんは、2010年8月にアーティスト活動を無期限休止することを発表しました。

15歳でAutomaticという名曲と共に鮮烈なデビューを飾り、その後トップアーティストとして日本の音楽業界を引っ張ってきた彼女。

「人間活動に専念する」といった決断は、当時の世間に大きな衝撃を与えました。

いまでも宇多田さんの復帰を願うファンは後を絶ちません。

2010年8月9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表した。

「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、

「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」

とファンに呼びかけ、同年秋には新曲も含めたシングルコレクションを発売することを明らかにした。

出典:ja.wikipedia.org

出典:plaza.rakuten.co.jp

宇多田ヒカルさんが活動休止していた約6年間は、まさに「人間活動」ということばにふさわしい事が多く起きていました。

最愛の母親の死と自分の子供の出産。

命というもので最も尊い経験をこの6年間でしています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook