サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

夢を追いかける大切さ!さかなクンが『いじめられっ子』に贈った素敵なメッセージ!

Pocket

魚の深い知識を活かしたキャラクターと最近ではサックスプレイヤーとしても話題のさかなクン。

さかなクンのいじめられている方に送ったメッセージが素敵だと思い紹介させて頂きます

自分の好きな事を追いかけ続けるからこそ愛され続けているさかなクン。

とても大事な事を気づかせてくれる素敵なメッセージです

さかなクンとは?

出典:www.notoaqua.jp

魚の生態や料理法についての豊富な知識で知られ、講演や著作活動など幅広く活躍している。

2006年に東京海洋大学客員准教授に就任。特定非営利活動法人自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長でもある。

東京都で生まれ、神奈川県綾瀬市に育ち、綾瀬市立北の台小学校、綾瀬市立北の台中学校、神奈川県立綾瀬西高等学校を卒業した。

東京水産大学入学を目指したが叶わず、日本動物植物専門学院アニマルケアー科(現在は廃校)に進んだ。

しかし、水産科はすでに廃止されていた。

中学校3年生のときに学校で飼育していたカブトガニ19個体の人工孵化に成功した。

カブトガニの人工孵化は非常に珍しく、新聞にも取り上げられた。「水槽が狭くてかわいそうだなあ」

という理由で決まった時間に外に出していたら、カブトガニがそれを潮の満ち引きと誤認したのが原因だという。

1993年、高校3年生の時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」で準優勝したことを皮切りに、

その後同番組で5連覇を達成し、殿堂入りを果たす。その後は、同番組の問題用イラストを提供したり、

スタジオゲストや判定員、時には挑戦者の相手役兼審判にまわって魚通選手権に登場した。

現在の芸名である「さかなクン」は同番組でラウンドMC(リポーター)を務めていた中村有志が名づけた。

学校での愛称は「さかなチャン」および「博士」だった。

高校3年生から出演していたTVチャンピオン時代には既に現在のキャラクターと変わらず、

感情を表に出して元気に飛び跳ねながら甲高い声で明るく喋る姿で人気を博した。

当時は現在のトレードマークである帽子は被っておらず、初登場時の姿は高校の詰襟制服だった。

専門学校卒業後は水族館や観賞魚販売店など、魚に関係するアルバイトを転々としていた。

寿司屋で働いていた時、店内で魚のイラストを描いたところ、それらを見た他店舗や企業から絵の依頼が舞い込むようになった。

アルバイトを継続しながら兼業イラストレーターとして活動を始める。テレビのドキュメンタリー番組に出演したことで、

株式会社アナン・インターナショナル会長の目に留まり、水族館での絵の展示などをサポートしてもらえるようになった。

それ以降、魚専門のサイエンスライターとしても活動している。

出典:ja.wikipedia.org

さかなクンが送ったメッセージとは

出典:toyokeizai.net

2006年12月2日に朝日新聞にも掲載された さかなクン からの『いじめ問題』に対するメッセージ

中一のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。

いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されてたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。

せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。

けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。

すると、残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。

いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。

同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook