サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

迎えられなくても…。保護施設の犬の檻の前でおばあちゃんがしていたことが温かい

Pocket

動物の保護施設、あなたは足を踏みいれた時がありますか?

保護施設に行き、引き取る以外にも動物の為に何かできる事があるって知っていますか?

おばあちゃんがそれを体現してくれているエピソードです。

もし、このエピソードを見て何かを感じましたら一度保護施設に足を運んでみてください

おばあちゃんの暖かい気持ち!!

出典:www.boredpanda.com

アメリカ・ペンシルバニア州の動物保護団体”Western Pennsylvania Humane Society”。

そこに所属するボランティアスタッフが、あるおばあちゃんと保護犬の様子を、海外掲示板Redditに投稿しました。

この様子は世界に反響を呼び、多くの人がシェアする結果になりました。

このおばあちゃんが何をやっているかというと

保護犬に絵本を読み聞かせてあげていたというのです。

出典:www.boredpanda.com

保護施設に来る前にどんな過去があったでしょうか?

筆者には酷い事が起きた想像しかする事ができません。

そして保護施設に連れてこられシェルターという、囲われた狭い空間の中、ずっと孤独に過ごしているジェイド。

そんな彼に優しく語りかけてくれるおばあちゃんの声は、あたたかな安らぎとなったことでしょう。

絵本の内容を理解することができなかったとしても、きっとジェイドにとっては、穏やかな時間となったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook