サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

闘犬の咬ませ犬として虐待された犬、ランボー。それでも人間を見捨てずにいてくれた

Pocket

サウスカロライナ州にて発見されたピット・ブル。
傷だらけで見つかったその犬は、闘犬の咬ませ犬として虐待されていたのです…

犬の死体に囲まれた中で保護されたランボー

出典:www.thisdogslife.co

サウスカロライナ州にて重症のピット・ブルが保護されました。
発見された当時、多くの傷が身体中に刻まれており、どうやら闘犬の咬ませ犬(バイト・ドッグ)として虐待されていた時にこの傷を負ったようです。

この重症の犬の周りには、すでに息絶えてしまった犬たちが横たわっており、どうやら同じような境遇の犬たちを悪徳業者が廃棄していたようです。

犬の体に触れると体は冷たく、このまま発見が遅れていたらこの犬も周りの犬たちと同様の境遇になっていたかもしれません。

咬ませ犬とは:
闘犬において調教する犬に噛ませて自信を付けさせるためにあてがわれる弱い犬のことである。

出典:ja.wikipedia.org

出典:www.thisdogslife.co

発見したローレンスさんは、すぐさまアニマルレスキューを呼びます。
運び込まれたクリニックにてこの犬はランボーと名付けられました。

クリニックのスタッフたちは彼の酷い傷をきれいにするため温浴を開始します。

出典:www.facebook.com

ランボーは特に足の傷がひどく、治療は難航しました。

咬ませ犬だったため闘犬から逃げないように、反撃をしないようにと足首は縛られ抵抗できないまま晒されていたのです。

悲しい虐待にあっていたランボーですが、彼はスタッフと目が合うと尻尾を振り、キスをしようとします。

残酷な仕打ちをしてきた人間ですが、彼は人間自体を憎むことはしていなかったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook