サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

2週間違いで生まれてきた赤ちゃんと子犬。その絆はまるで姉妹のようでした!

Pocket

人間と動物は深い絆を結べる事があるんだという素敵なエピソード。

2週間違いで生まれた女の子の赤ちゃんと子犬はまるで姉妹のよう。

どこに行くにも何をするのも一緒。

そんな微笑ましいお話を最後までご覧ください

常に一緒な姿はまるで信頼しあっている姉妹のようです

アメリカ、ノースカロライナ州に住むホッジス夫婦に女の子の赤ちゃん、イズリフちゃんが生まれたのは2014年7月です。

動物が大好きな夫婦はピット・ブル犬と猫を飼っていて、

その犬がオスの子ども、クライドを産んだのはイズリフちゃんが生まれた2週間後でした。

イズリフちゃんとクライドは、犬の両親と人間の両親の愛情を一身に受け、同じ赤ちゃん枠としてこの家で共に育つことになりました。

常に同じ愛情で育てられた両者なので、本当の姉妹のような強い絆で結ばれています。

寝る時も遊ぶ時もとにかく一緒。成長する速度は違えど、2年経った今では、最高のパートナーに。

クライドは寂しがりの犬です。

瞬く間にイズリフちゃんを追い抜いて大きく育ってしまったわけだが、

主導権を握るのはお姉さんであるイズリフちゃんだ。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook