サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

両腕がなくても一人で農業を営み、母親の介護をする男性の素敵な志と行動力

Pocket

自分が両腕がない状況になり、母親の介護も全てこなさなければならない状況になった時

あなたは前向きにな考えでいられるでしょうか?

この男性は全てのハンデを高き志と行動力で前に進み続けてます

そんな男性の生きざまを紹介させて頂きます

男性の高い志に勇気がわきます

出典:www.9news.com.au

中国、重慶市で農場を営んでいる陳欣銀(48)は、7歳の時に電気に感電し両方の手を失っている。

残されていた2本の足のみを自分なりに鍛錬し、なんとか人並みな生活を送れるようになった。

しかし20歳の時、今度は父親を失う。

当時から母親は重い病を抱えていたが、陳が農作業をこなし、なんとか支え合って暮らしていた。

だがしかし、91歳の母親の両手が麻痺してしまった。

陳は農作業のみならず、母親の介護をすることとなった。

自らの足を手に変え、母親にご飯を食べさせてあげることが日課となった。

自らの歯でスプーンをくわえ、母親にご飯を食べさている。

体の不自由な陳に対し、近所の人たちは「物乞いしたほうが稼げるよ」と噂をしています。

だが陳はそれに甘んじません。

「自分にはこんなに立派な足がある。

腕がなくても人さまに物乞いするほど不自由はしていない」

として、毎日農作業をこなしながら母親の世話をする。

出典:www.9news.com.au

陳は14歳の時から農場で働くようになりました。

懸命な努力を重ね、自らの足を使うことを覚えました。

足を使って炊事もできるし農作業もできる

足を使ってすべてを行おうと決心し、最初に包丁を使おうと思った時足に大きな傷ができてしまいました。

しかしそんな状況にも負けません。

たゆまぬ努力により陳の足は完全に腕として機能しているのだ。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook