サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ダウン症の子を差別する客!その客に対して店員がとった勇気ある素敵な行動とは…

Pocket

ダウン症の子を差別する。とても視野が狭く愚かな行動です。

その愚かな行動をとった客に自分の立場が危うくなる事を承知で定員は勇気ある行動にでました。

とてもかっこいい定員のエピソードを紹介させて頂きます

そして愚かな行動をとった客は自分の行為を恥じて欲しいと思います

連れてくるな!障がいのある子どもは違う店に行け・・・

出典:www.youtube.com

米テキサス州の都市ヒューストンの、レストランで起こった出来事。

キム・カスティーヨさんは息子さんを連れてレストランに出かけました。

5歳になる息子さん、マイロくんはダウン症を抱えています。

マイロくんに会うとニコニコと素敵な笑顔で迎えてくれるウエイター。

このレストランはカスティーヨさんとマイロくんにとってお気に入りのレストランでした。

お店に入った2人がいつものように席につくと、隣の席に元々いた家族が他の席に移動しました。

出典:www.youtube.com

はじめはそのことを特に気に留めていなかったお母さん。

しばらくして店の雰囲気があまり良くない事に気付きます。

普段から仲良く接してくれていたウェイターのマイケル・ガルシアさんが、席を移ったお客に怒っていたのです。

マイケルさんは、その家族のテーブルで愚かな言葉を耳にしたのでした。

「障がいを持つ子どもなんか連れてくるな。

障がい者はどこか特別な場所にいるべきなんだ。」

そして、続く話に耐えられなくなったマイケルさんは、そのお客さんたちへ声をかけました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook