サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

素敵な運命!8歳の一目惚れから88年後。奇跡のような最期を迎えた夫婦

Pocket

88年間、一組の夫婦は愛し合い過ごしてきました。

そのまっすぐな気持ちに神様は奇跡を与えてくれたのかもしれません。

羨ましくもあり、涙も流れてしまう、そんな素敵な夫婦のエピソードです

素敵な夫婦は最後に幸せなプレゼントを神様から頂きました

出典:www.youtube.com

誰にでもいつかは必ず訪れる死。

その最期の瞬間を、一番好きな人と同時に迎えることができたら、どんなに幸せなことでしょうか?

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで、そんな奇跡を起こしたある夫婦を紹介します。

ジャネット・トチコさん(享年96歳)と、夫であるアレクサンダーさん(享年95歳)夫婦は、

75回目の結婚記念をお祝いした日に、お互いの腕の中で眠るように亡くなったというのです。

出典:www.youtube.com

2人の出会いは、なんと8歳のとき。一目惚れだったそうです。

そして、13年後の1940年に結婚して以来、最愛のパートナーとして人生を共に歩んできました。

5人の子供にも恵まれ。やがて穏やかな老後を迎えた2人。

アレクサンダーさんはゴルフが大好きでしたが、1ヶ月前に大腿骨を骨折し、寝たきりになってしまいます。

日に日に悪化していくアレクサンダーさんの体調。

それを見た子どもたちは、もう先は長くないかもしれない…そう感じるようになってきたといいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook