サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『実話』重い障がいを克服し「怪物」と呼ばれながらも笑顔で生きる男前な少年のエピソード

Pocket

自分に重い障害があり、自分の顔に大して偏見のある言葉を言われたらあなたはどうしますか?

彼は常に笑顔で生きています。

そしてその笑顔は人を幸せにしていくものでした。

大きな心をもった素敵な少年のエピソードをお伝え致します

少年は常に笑顔でいます。そこに隠されたエピソードとは

出典:jolythgoe.blog.com

東地中海に浮かぶキプロス島で誕生した、ある一人の男の子。

名前はザック・ヤコブ・コーツ君。

ザック君が生まれた時、母親ジョアンさんは一瞬考えてしまいました。

まさかこんな事になるなんて…

予定日よりも14週間も早く生まれてしまったザック君。

自力で呼吸できなかったため、インキュベータに入れられ、人工呼吸器に繋がれました。

それだけではなく、ザック君の顔はひどく変形していたのです。

出典:jolythgoe.blog.com

体重わずか900グラムで未熟児のザック君は、重度の口唇口蓋裂でした。

ザック君の顔の右側には頬骨、鼻の穴、唇、下の瞼がなく、このキプロスの病院では、対応できる医師がいませんでした。

助かった場合でも、顔の変形でまともな生活はできないだろうと告げられました。

ザック君の口唇口蓋裂は、マンチェスターの医師も見たことないほど重度のものでした

出典:jolythgoe.blog.com

その上、キプロスでの処置が正しくなかった為、ザック君は右目の視力を失ってしまったのです。

しかし9年間、何度も行われた手術によってザック君の顔を整形することに成功。

今では1人で食べることもでき、喋れて、笑うことだってできます。

そんなザック君の一番の魅力であり特技は「笑顔」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook