サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

動物保護を続けていた女性!葬儀に1400kmも離れた地からやってきた義理難い参列者達とは

Pocket

生活がどんなに貧窮しても動物の為に尽くしてきた女性。

そんな女性の為に1400キロも離れた場所から現れた参加者経ち。

その思いは心からの感謝からの行動だったと思います

動物にもしっかりとした意志があるとわかる素敵なエピソード

彼らはどんなに遠くても葬儀に参加する

出典:www.dailymail.co.uk

メキシコ・ユンカン州メリダに住む動物愛好家のマルガリータさんは、21年間身寄りのない動物たちを保護する活動をしていました。

裕福ではないマルガリータさんですが、生活費を削ってまで野良犬や猫に毎朝餌を与えていたそうです。

飼い主に捨てられた動物、親を亡くした動物…その数は少しずつ増えていきましたが、マルガリータさんはどの動物にも平等に餌を与え続けます。

外出の際には、餌の入ったバッグを持ち歩き、道で出会った動物たちにも餌をあげていました。

そんな活動をずっと続けていたマルガリータさんでしたが、ある日から健康状態が悪くなり、闘病生活を送るために引っ越しました。

新しい家でもできる限り、野良犬たちに餌をあげ続けていました。

しかし2015年の3月、闘病生活の末に亡くなってしまいます。

2015年3月15日、マルガリータさんが元々住んでいたメリダから1400kmも離れたクエルナバカで家族や親戚によって葬儀が行われました。

出典:buzz-media.net

その葬儀の時の祭壇の様子です

出典:www.dailymail.co.uk

お葬式で彼女の祭壇が作られると、どこからともなく犬たちがやってきたのです。

マルガリータさんの家族は最初、「普段からこの葬儀場に出入りしている野良犬なのだろう」と考えていました。

しかし、葬儀場の人もこの状況に驚いている様子。

今まで動物が集まってきたことなど、ないと言うのです。

「この犬はもしかして、母さんが世話をしていた犬たちなのではないか」

マルガリータさんが亡くなったこと、葬儀を行うことなど、野良犬たちは知る由もないはず。

犬たちを葬儀場に招き入れると、彼らは静かに部屋に入りました。

野良犬たちは葬儀会場で静かに何かを待っているように、ただじっと伏せていました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook