サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

息子がレジで見知らぬ人に笑われた…お母さんが怒りを堪え伝えたメッセージに涙が出そう

Pocket

自分の子供が見知らぬ人に笑われる。
いい気持ちになる人などこの世に一人もいないですよね。


出典:www.facebook.com

「Dallas Fowler」さんは2歳の男の子を持つ母親です。

彼女はある日、スーパーのレジで抱っこをせがんできた子供をカートに座らせようとしたところ、子供のTシャツがめくり上がってしまいました。

子供のお腹には見慣れないものがあり、それは”ストーマ”と呼ばれる袋です。

ストーマとは便や尿が正常に出来ない人のために増設される人口の排泄口のことで、彼女はいつも子供にワンジー、日本だとロンパースという言葉の方が耳慣れているかもしれませんが、それを着せていました。
しかし、その日に限って忙しかったこともあり、ワンジーを着せそびれていました。

出典:www.facebook.com

レジで後ろに並んでいた年配の女性が子供に着いているストーマを見ると、小さな悲鳴をあげ彼女にこういいました。

「どうしてこんなものを着けることを許したの?」

彼女は思わず言葉を失いました。

後ろを振り向き、年配の女性の顔を見つめると、更にどうして着けているのか?と彼女に聞いてきました。

「腸がちゃんと作られなかったので子供にはこれが必要なんです」

彼女は年配の女性に手短に説明しますが、正直怒りで手が震えていたらしく、子供の先天性の「ヒルシュスプルング病」という疾患については説明しませんでした。

そうすると、年配の女性はこう続けます。

「気持ち悪いのでシャツを降ろしておいてもらえる?」

Dallasさんは掴み掛かって叫びたくなる気持ちを抑えながら、失礼しますと一言だけ年配の女性に告げると、別の列に並びました。

出典:www.facebook.com

そして、彼女はfacebookで自分の気持ちを多くの人に伝えます。
その言葉は強く優しい母のもの。
次のページでご覧下さい。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook