サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

紗栄子さんも熊本の支援に!「信念を持っての行動だから何を言われても大丈夫」その行動に賞賛の声

Pocket

タレントの紗栄子さんがお忍びで熊本地震の被災地に入り、支援活動を行っていることが5月1日わかりました。

出典:youtube.com

4月30日に避難所になっている益城町の益城幼稚園と熊本市東区の月出小に出向き、絵本やサンダル、野菜ジュース、掃除道具などを届けていたそうです。

月出小では、約1000人分のショウガ焼きを振る舞うなど支援活動を続け、被災者1人1人に声をかけ、診察を呼び掛けていたとのこと。

500万円の寄付をして話題になった紗栄子さん

出典:5-fifth.com

紗栄子さんは4月19日、自身のインスタグラムで熊本地震の被災者に対し、本人が500万円、2人の子供が1000円ずつの500万2000円を寄付したことを公表し話題になりました。

この行動に対し、紗栄子さんのアンチは「偽善」「売名」などのコメントをし、元夫でレンジャーズのダルビッシュ有投手(29)に絡めて「養育費で寄付か」と口にする人までいました。

寄付活動は今回が初めてではなかった

出典:laughy.jp

2010年、宮崎で口蹄疫被害があった際には300万円の寄付をしており、その際も自分にできることは何かないかと考えてきたという紗栄子さん。

「必ず、ファームの方々の力になる。私は、県民としてではなく、国民として、募金活動に参加しました」

と語るように、今自分に出来ること、そして、日本の国民であることに自覚を持ち行う行動でした。

また、熊本へ行った寄付と同額を大分にも寄付しており、実際に何も支援できずに、口ばかりで人を叩く誰かに比べれば、売名行為であったとしても圧倒的に支援になっているといった紗栄子さんを賞賛する声も多くあがっています。

「信念を持っての行動だから何を言われても大丈夫」

まずは行動すること。
その大切さを改めて紗栄子さんから教わった気がします。

次のページでは紗栄子さんの熊本での様子をご覧下さい。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook