サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

「ありがとう、ママ パパ」ガンの為、6歳で亡くなった女の子の、家中から出てきた家族への愛の手紙

Pocket

エレナ・デッセリッチちゃんは5歳のときにガンの宣告を受け、6歳でその短い生涯を終えました。

しかし彼女が亡くなったあとで、家族は彼女が残した小さな手紙を見つけました。

それは2年経った後ででも家の色々な所から出てきました。

その内容は家族への感謝の手紙だったのです。

短い生涯の中で告げた家族への感謝の手紙の内容とは

幼い女の子が家族にあてた大切な手紙!

出典:www.today.com

エレナちゃんは5歳のときに脳のガンと診断されました。

医者には余命135日と宣告され、そこから激しい病気との闘いが始まります。

心を痛めた両親は残された日々彼女にとって幸せになるように、

彼女とその妹のグレイシーちゃん4歳のために出来るだけのことをすることにしました。

出典:www.today.com

彼女を守りたい一心で、余命の事は一切伏せていたそうです。

ガンとの闘病に集中するのではなく、家族が一緒にいること、エレナちゃんがしたいことに集中したのです。

エレナちゃんは病気と闘っていた9ヶ月の間、

家族の知らない間にメモを書いては家中に隠しておきました。

何百通と言う彼女の愛情のこもったメモが戸棚や引き出し、

かばんや衣服の中から彼女が亡くなったあとで出てきたのです。

最初のメモはエレナちゃんが亡くなって数日後に引き出しの中から見つかりました。

さらにその後、いろいろな場所から無数の手紙が出てきたのです。

クリスマスの飾りが入っている袋からも出てきたそうです。

出典:youtube.com

次のページでは、家族にあてた手紙の内容を記載させて頂きます

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook