サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

有難う!!エクアドル地震で生き埋めになった7人救出した救助犬がその後、過労により死亡

Pocket

熊本地震とほぼ同時に起こった南米エクアドルでの大地震。

マグニチュード7.8を記録し、これまでに死者は600人以上、負傷者1万2千人以上というという大きな被害になっています。

今も懸命な救助活動が続けられています

ダイゴ君、ありがとう・・・・

出典:www.facebook.com

地震で生き埋めになっている人を救出するには、人間のみでは厳しいのが現実です。

嗅覚が優れ、瓦礫の山を敏速に動くことのできる救助犬が活躍してくれます。

エクアドルでも3匹の救助犬が消防隊員と共に救助活動に当たっていました。

その中で日本から派遣された「ダイコ」と呼ばれるオス犬が、

瓦礫の中に生き埋めになった7人を無事に探し出し救助するという素晴らしい活躍を見せてくれました。

ダイゴ君の活躍

出典:www.facebook.com

ダイコのこれまでの救助犬としての活躍は凄く世界の色々な所で活躍されていました。

今回のエクアドル地震でも立派に救助活動をしてくれています。

しかし、消防隊員とイバラという町に置かれた本部へ戻った直後にダイコは亡くなってしまいました

次のページではなくなってしまった原因と活躍の様子を伝えていきます

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook