サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

自殺寸前の女性を路線バスを運行中の運転手が発見 説得し、命を救う!

Pocket

ハドソンさんの深くて重い言葉

たった30秒という映像だが、自殺をしようとして川に飛び込もうとしている女性に対し、なんとかしてそれを止めようとするハドソンさんの懸命な姿が映し出されています。
 
公開された映像には含まれてはいませんが、警察が到着するまでの間、ハドソンさんは女性に「今日は嫌なことがあったのですか? あなたを慰めるためにハグしてもいいですか?」と声をかけているそうで、女性は「NO」と答えるも、ハドソンさんは諦めずに説得し続けたことにより、この女性は自殺することをやめたそうです。
 
数分後、地元警察が到着して女性は保護されました。ハドソンさんは勤務中であったために車内に戻りバスを走行させましたが、自分の行いがメディアで伝えられるとは予想もしていなかったといいます。

出典:abc22now.com

24年間、バスの運転手として勤務しているハドソンさんは日々多くの乗客と接しているために注意深く周りに目を向けることが習慣となっているそうです。
 
見て見ぬ振りをする人が多い世の中で、「もし、誰かがほんの少しでも助けを必要としていることに気付いたら、自分は間違いなく救いの手を何度でも差し伸べる」とハドソンさんは言います。

出典:abc22now.com

「誰でもいろいろな問題を抱えていて、人によってその葛藤も違いますが、みんなどうにかして問題を乗り越えています。大切なのは問題を乗り越えて生き続けていくことなんです。人生は誰にとってもジェットコースターです。上がったと思ったら下がります。その繰り返しです。でも、下がったときに『また上がるときが来る』と踏ん張らなければならないのです。あの女性も、そう思ってくれていることを願います。」

ハドソンさんの語る言葉は誰にとっても深く重く響くに違いありません。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook