サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ヘロイン中毒の母親から生まれた赤ちゃんは激しい痙攣が止まらない…

Pocket

2016年、芸能界ではさまざまな問題が明るみになり、その度に大きな騒ぎとなりました。その中のひとつに覚醒剤、大麻などの禁止薬物所持使用問題があります。禁止薬物は近年、芸能界に限らず、世間的に手に入りやすくなっています。
 
日本を薬物の蔓延した社会にしないためにも、ここではアメリカ・ペンシルバニア州での悲しく、そしてかわいそうなニュースをご紹介いたします。


薬物依存の女性が母親に

アメリカ・ペンシルバニア州にある独自のメディア「wnep.com」。このメディアは、同州ラッカワナ郡に暮らすヘロイン中毒の女性に取材を行っています。
 
彼女は2017年1月に男の子を出産したばかり。出産を終え、すでに自宅に戻っている彼女ですが、いまでもヘロインをやめることができず、1日に10〜20包も使用しているのです。
 
この女性に限らず、薬物に依存している女性が妊娠して母親になることはあります。しかしそのとき、赤ちゃんは多くの問題を抱えて誕生することを忘れてはなりません。母親の体に入った薬物は、酸素や栄養素を送るための胎盤を通じて赤ちゃんの体にも入っていくのです。

出典:wnep.com

「wnep.com」には、ヘロイン中毒の母親から誕生した、新生児を捉えた映像がUPされています。その赤ちゃんは異様に甲高い声で泣き、激しい痙攣が止まりません。

出典:wnep.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook