サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

ハンターによって命を奪われた母親象… 息を引き取るその時までそばに寄り添っていた赤ちゃん象に涙

Pocket

2013年、ケニアにて。1頭のメスの象がハンターによって命を奪われました。ハンターによって放たれた銃弾はこのメス象の足に深い傷を負わせ、その傷が原因で動くことができず、そのまま死に至りました。


倒れたメス象に寄り添う赤ちゃん象

出典:www.thedodo.com

この写真が撮影されたのは4年前、2013年でした。倒れたメス象に鼻を擦り寄せているのは生後18ヶ月の赤ちゃん象。このメス象の子どもです。この写真が撮られたとき、このメス象、つまり母親象はすでに息を引き取っていました。
 
ここに至るまでの経緯を説明します。
 
ある日、母親象はハンターの放った銃弾により足を撃ち抜かれ骨を粉砕。かなりの重傷を負いました。その傷を負っている状態でケニアの野生生物局に発見され医療チームにより手当が施されました。しかし、その傷は医療チームの想像以上に深いものだったのです。
 
手当をしたものの、その傷は奥深くでは母親象の体を痛めつけ、ついには歩くことすらできなくしたのです…

出典:www.thedodo.com

動けなくなった母親象は食料を口にすることもできず、水を飲むこともできず… そうなると当然我が子にミルクを与えることも、それどころか栄養失調でそのミルクを作ることさえもできません。
 
赤ちゃん象もお腹を空かして辛かったでしょう。しかし、それ以上に母親象から離れたくなかったようで、母親象が息を引き取るその瞬間まで、赤ちゃん象は母親象の体に鼻や頭をすり寄せずっとそばにいました。もしかしたら命が尽きたことを分かっていなかったのかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook