サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

炎が迫る中、機転を利かせ自らの命と引き換えに、生後12日目の娘を救った母親

Pocket

アメリカ・イリノイ州に暮らすとある女性は20歳という若さで娘を授かりました。母親とフィアンセと生まれたばかりの娘、4人で幸せに過ごしていたある日のこと、彼女の一家に悲劇が降りかかります。それは彼女の21歳の誕生日の翌日でもありました。


21歳になった翌日に

アメリカ・イリノイ州にあるワイオミングは人口わずか1,400人ほどの小さな街です。そこに暮らすみんなが知り合いと言っていいほど人の人とのつながりが強い田舎町。シェルビー・アン・カーターさんが子どもを育てるのにこの街を選んだのも、古き良き時代を思わせる地域コミュニティの存在があったからでした。
 
シェルビーさんはフィアンセと一緒に母親の自宅で暮らしながら、美容師として働いていました。2017年1月、シェルビーさんは娘のキーナ・デイビスちゃんを授かります。娘が生まれてからの毎日は幸せに包まれ、それはいつまでも続くかのように思えました。
 
しかしシェルビーさんの21歳の誕生日の翌日、家族を悲劇が襲ったのです。
 
こちらがシェルビーさんです。

出典:faithit.com

自宅で火災が発生

2017年1月30日、シェルビーさんの自宅で火災が発生。逃げ遅れたシェルビーさんは煙に巻かれ、21歳の若さで命を落としました。
 
「シェルビーの存在は、町民の心にしっかりと刻み込まれています。」
 
町長は後にそのように語ったそうです。

出典:edition.cnn.com

火災が発生したとき、消防署へ通報したのはシェルビーさんでした。彼女は自分の息苦しさを訴えていたそうです。しかしその会話の中で、生まれたばかりの娘については触れなかったことを消防隊員たちは不思議に感じていたと言います。

出典:faithit.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook