サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

千葉の動物園が飼育していた57頭のサルを駆除… その理由がなんだかすっきりしない

Pocket

2017年2月20日、千葉県富津市は、同市内にある動物園で飼育していた164頭のニホンザルのうち、約1/3にあたる57頭を駆除したと発表しました。その理由に驚きを隠し切れません…


純粋なニホンザルではなかったために

57頭のサルを駆除したのは、千葉県富津市にある「愛宕山(あたごやま)自然動物園」です。この動物園は国の許可を得て、ニホンザルの一群を檻の中で飼育しています。このほど駆除されたのは、164頭のうち、57頭。約3分の1にあたります。

出典:youtu.be

なぜ57頭ものサルが駆除される必要があったのでしょうか。
 
実は駆除された57頭のサルは、特定外来生物のアカゲザルとの交雑種だということが判明したのです。アカゲザルやその交雑種は生態系に悪影響があるとして外来生物法の規制対象になっており、この園で飼育することは認められていないのです。つまり純粋なニホンザルではなかったという理由で駆除された、ということになります。
 
この動物園のニホンザルとアカゲザルが交雑してしまったのは、同園の檻が老朽化していたことから、ニホンザルが檻の外に出てしまったとのこと。

出典:twitter.com

管理体制の甘さが招いたとも言える今回のこの事案。2月15日には駆除された57頭の慰霊祭が執り行われたそうですが、なんともすっきりしないお話です。

 

 

出典:youtube.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook