サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

ガンで余命わずかの愛犬と… 最後の記念に撮影した写真が切なくも美しい

Pocket

アメリカ・カリフォルニア州で写真家として活躍している女性アンドレア・ドミヤンさんの元に、ある日、妹から連絡が入りました。それは「大切な写真」の撮影依頼でした。


妹の愛犬にガンが…

妹からの連絡を受けたドミヤンさん。妹の飼っている愛犬の「アルフ」にガンが見つかり、先が長くないことを知らされます。そして続けて、アルフが生きているうちに大切な思い出として写真を残したい、と撮影を依頼されました。

大切な絆を収める

先に事情を知ってしまっているとはいえ、この日撮影された写真は、どれも暖かく、美しく、そしてどこか切なく儚い、美しい写真でした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook