サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

2歳の頃母が亡くなり父に捨てられた男性が22年ぶりに父へ贈るメッセージ。その内容に多くの人が涙…

Pocket

UNICEFによると、2004年、93の発展途上国で1億4300万人以上の捨てられた子供たちがいたそうです。そして、その中の多くの子供が、里子を預かるだけの、自分の家ではない場所で生涯を終えるといわれています。


多くの子供が、どこかの新しい家族の一員になりたいと願い差し伸べられる手を待っています。
しかし、悲しいことに差し出す全ての手が子供を愛するための手というわけではありません。

多くの罪のない子供が、里親というシステムの中、虐待を受けるといわれています。

その件数を測定することはもはや不可能に近く、たまに報道されるゾッとするようなニュースは氷山の一角に過ぎないといわれています。

二度と起きることのない母親を待ちながらトーストを食べた

出典:www.thelittlestway.com

海外の大手掲示板redditのユーザー「justjackson」さんは、かつてそのような孤児の一人でした。

彼の産みの母親は麻薬常用者で、父親は家族の元に居ることはなかったといいます。

彼は2歳の頃に既に長い間気絶している母親に慣れ、そして気がつけば母親はもう目を覚ますことはありませんでした。
トーストを食べながら母親が起きるのを3日間待ち続けたけれど、もう目を覚ますことはなかったのです。

まだ幼い彼に父親は必要でしたが、父親は育てることを放棄し彼を捨てました。

非常に若い年齢で行政の管理下の身になった彼は、後に里親を持つことになりましたが、その生活が自分のような身にはどれほど難しく厳しいかを理解することになりました。

その何年も後、彼の父はfacebookを通じ彼に接触しようと試みます。
どれほど彼と再び関係を結びたいかを突然アピールしてきたのです。

彼の意思は、彼の気持ちはどのようなものだったのでしょうか。
その答えは、父親に返したその正直で強いメッセージにこめられています。

次のページで、捨てた父親へ彼が送ったメッセージをご覧ください。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook