サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

またしても… 観光客の身勝手な理由でイルカの赤ちゃんが死亡

Pocket

アルゼンチンにて。ビーチで遊ぶ観光客たちが、「自分のお気に入りの写真を撮りたい」というなんとも身勝手な理由によって、またひとつ、貴重な野生の動物の命が失われました。


またも命を落とす…

2017年1月23日、アルゼンチンのサン・ベルナルドにて。大勢の観光客がビーチで遊んでいるときにその悲しい事件は起こりました。
 
アルゼンチンを代表する新聞「ラ・ナシオン」が伝えたところによると、こうです。
 
イルカの赤ちゃんを発見した観光客が、より近くでその赤ちゃんを見たいからという理由で、海から砂浜に引き上げたのです。それだけでもひどい話ですが、結果的にこのイルカの赤ちゃんは、なんと命を失ってしまったというのです。

出典:youtu.be

この様子を目撃していた人は次のように語っています。

観光客はイルカが死ぬまでイルカと遊んでいました。海に戻すことも可能だったのに、イルカを触ったり一緒に写真を撮ったりしてイルカを生き絶えさせたのです。

このイルカがもともと病気だったのか、それとも人間との接触によるストレスで死に至ったのかはまだ不明です。しかしイルカの赤ちゃんを海から引き上げる行為が、そしてまたイルカを海に戻さないという行為が、この観光客の愚かさと浅はかさを示しています。
 
その場にいた人は誰しも、イルカの安否を心配することだってできたはずです。この事件を知った多くの人が、人々の行為に憤慨と嘆きを覚えました。
 
同様の事件は世界各地で起こっています。アルゼンチンでは、2016年の年末に同じような事件がありました。もうそろそろ学ばなくてはいけません。人間の身勝手な理由で動物が命を落とすことは許されないのです。

 

 

出典:youtube.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook