サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

アメリカの人気ドッグフードに安楽死用の薬剤が混入し、愛犬が死亡… 混入した理由に驚きを隠せない

Pocket

安楽死させるときに使用する薬剤が混入

エバンジャーズが調べたところ、このドッグフードになんと、動物を安楽死させるときの麻酔薬として使用されるペントバルビタールが混入していたことが判明したのです。
 
それを受け、エバンジャーズはその週に製造された「Hunk of Beef」シリーズ製品の全てを対象に、ワシントン、カリフォルニア、ニューヨークなどアメリカ15州でリコールを発表しました。82年にわたり、ペットフードを製造してきた同社にとって、リコールは今回が初めての出来事でした。

混入を防止しきれない可能性も

ペントバルビタールは当然、厳しく規制されている薬品で、動物を安楽死させる場合は獣医師が投与します。
 
しかし問題があるのはここからです。
 
ペントバルビタール自体が厳格に規制されていても、ペントバルビタールを使用して安楽死させた動物であることを明記する義務がなく、そのため、この薬剤を使い安楽死させられた動物が食品供給網に入り込むことを防止できない可能性があるのです。
 
エバンジャーズ社は「同物質が原料に混入した経緯については調査を続ける」と述べ、問題の商品を製造するときに使用した牛肉の供給業者とは、40年来の契約を打ち切ったと説明しました。この業者が供給した牛肉は、アメリカ農務省の施設で処理されたものだったといいます。
 
製造元のみが気をつければ防ぐことができた、というわけではないこの事案ですが、このような悲劇を2度と生まないような法整備が望まれます。

 

 

出典:youtube.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook