サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

この世を去った後も飼い主を慕い続け、その墓を守る1匹の犬が多くの人の心を揺さぶる…

Pocket

トルコにて。亡くなった飼い主を慕い続け、その飼い主の墓を守る1匹の犬が話題になっています。
 
トルコでは死後遺体は土葬されます。この犬は土の中に埋まっている、高齢で亡くなった主人の棺を守り抜くため、彼が眠る墓のもとに日々通い続けています。


老人と犬の特別な絆

2017年1月中旬、トルコに暮らす「メフメト」という老人が現地の病院で亡くなりました。79歳でした。メフメトさんは「セザー」という犬を飼っていました。麻痺を患っていたメフメトさんは、2年間をともに過ごしていたセザーと特別な絆で結ばれていたといいます。
 
メフメトさんを看取った息子アリさんの話によると、メフメトさんが病院で危篤状態に陥ったとき、飼い犬のセザーは何かを感じ取ったのか、食事を一切摂らなくなったそうです。そして遺体が彼の自宅に到着したときは、棺をひとときも離れることなく寄り添っていました。
 
セザーが周囲に示したメフメトさんへの愛はそれだけにとどまりませんでした。セザーは葬儀でモスクに運ばれる棺の行列の先頭に立ち、参列者たちを導いたのです。

セザーはメフメトさんが無事に埋葬されるまで、たとえ親族と言えども彼に触れることを許さなかったそうです。そしてすべてを見届けたセザーは、悲しみにふさぎこんでいました…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook