サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

視覚障害者となった元医師が自分の盲導犬の背中に小型カメラを設置。そのカメラが映した悲しい事実とは…

Pocket

盲導犬は視覚障害者の目となりその生活をサポートします。ここでご紹介するイギリスに暮らす元医師も、視力を失い、盲導犬と一緒に過ごしています。
 
ある日、彼は盲導犬の背中に小型カメラを搭載することに決めました。というのも、彼が外出したとき、盲導犬が何者かに虐待を受けている痕跡を発見したからです。カメラの映像に記録された事実に迫ります。


視力障害者をサポートする盲導犬

アミット・パテルさんはイギリス・ロンドンに暮らす元医師です。2012年、アミットさんは「円錐角膜症」という目の病気により視覚障害者になりました。それはアミットさんが結婚して1年半が経ったときのことでした。
 
この病気は、遺伝的な要因が原因のひとつと言われており、角膜移植によって視力を取り戻すこともできるのだそうです。しかしアミットさんは6回も手術を行ったにもかかわらず、角膜との相性が合わず、完全に視力を失ってしまったのです。
 
アミットさんは、これまでと違う未知の状態を前に、とても重苦しい気持ちになり、涙することもあったといいます。しかしそれでも社会とのつながりを失わずに済んだのは、盲導犬「キカ」を迎え入れたからでした。

出典:metro.co.uk

あるとき、アミットさんが赤信号に気付かずに横断歩道を渡りかけたことがあります。そのときは、キカは自分の体を犠牲にしてまでアミットさんを交通事故から守ってくれたそうです。キカは怪我を負い、3日間も歩けない状態だったそう。
 
盲導犬は自らの目となりさまざまな危険を回避し、不安も払拭してくれる存在です。健常者の想像以上に心強いパートナーです。いや、それどころか、もはや自分の体の一部と言えるのではないでしょうか。

キカの背中に小型カメラ

アミットさんは盲導犬のキカのおかげで外出できるようになりました。しかし街行く人たちの中には自分たちを意識的にサポートする気はなく、逆に疎ましく思っている人もいることを知ります。
 
キカが通行人にカバンをぶつけられたり、見知らぬ女性から迷惑だと因縁を付けられ謝罪を迫られたりと、理不尽な出来事をたくさん経験したのです。アミットさんは視覚障害者になって初めて知った現実にショックを受けました。
 
いったい盲導犬と自分に何が起きているのか…
 
それを知るために、カメラに記録することにしたのです。

出典:metro.co.uk

出典:metro.co.uk

アミットさんは、小型カメラとして有名な「GoPro」をキカのハーネスに装着し、外出時の映像を撮り続けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook