サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【韓国】天才ピアニストの母国凱旋公演で、大勢の観客がアンコールを待たずに早々に退席… その衝撃の理由とは?

Pocket

韓国人ピアニストのチョ・ソンジンさんは、2015年の第17回ショパン国際ピアノコンクールで優勝したほか、これまで数々の権威あるコンクールでさまざまな賞に選ばれている天才ピアニストです。そんなチョさんは韓国ではもちろん、世界的にも注目されています。


凱旋リサイタルを開催

2015年のショパン国際ピアノコンクールでチョさんは優勝を果たします。これは韓国人としては初めての、そしてアジア人としても3人目となる快挙でした。それから1年ほど経った2017年1月3日、チョさんは母国韓国で、優勝後初となるリサイタルを開催することになりました。
 
世界的に注目されているチョさんですが、当然韓国でもその人気は絶大! このリサイタルのチケットは販売後わずか9分で1,984枚が完売してしまったそうです。

出典:www.mindan.org

観客が早々に立ち去る

公演当日、その「事件」はアンコール前に起こりました。
 
コンサート本編の演奏を終えたチョさんは、一旦ステージ脇にさがりました。するとそれと同時に、大勢のお客さんがぞろぞろと席を立ち始めたのです! これは異例の行動です。なぜならライブやコンサートでは「お約束」となっている、アンコール曲の演奏が始まる前なのですから…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook