サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

夜の公園で暴漢に襲われた18歳の女性 危機を救ったのは生後5ヶ月のピットブルだった!

Pocket

アメリカ・ニューヨーク市にて。18歳の女性が、彼氏の飼い犬であるピットブルを連れて夜の公園を散歩していたそのときです。なんと、その女性が暴漢に襲われかけるという恐ろしい事件が発生しました。しかも運が悪く、彼氏は家におり助けることができません… この危機を救ったのが、そのとき連れていた飼い犬のピットブルだったのです。


ブルックリンの夜の公園で

夜の10時。アメリカ・ニューヨーク市のブルックリン・レッドフックにあるとある公園でこの事件は起きました。ブルックリンはアーティストが多く移り住んでおり、おしゃれな雰囲気のある、比較的高級なエリアです。レッドフックは治安の悪いブルックリン北部に比べればさほど危険ではないのですが、夜間は暴力犯罪などに巻き込まれる可能性もわずかながら残された地域ではあります。
 
18歳のマヤさんはひとり、彼氏のカルロスさんの愛犬、ピットブルの「アポロ」を連れて夜の公園で散歩を楽しんでいました。

出典:nypost.com

しかし恐ろしい暴漢は、マヤさんのすぐそばまで来ていたのです…

振り向くと暴漢が…!

夜の公園でマヤさんは、ヘッドフォンで音楽を聴きながら、アポロのリードを外して遊ばせていました。すると突然、マヤさんのヘッドフォンが外されたのです。マヤさんは、てっきり彼氏のカルロスさんが公園に来て、からかって外したのだろうと考えました。そして振り向くと…
 
恐ろしいことに、彼女のヘッドフォンを外したのはカルロスさんではなく、まったく見ず知らずの男性。その男性はマヤさんを地面に押し倒したかと思うと、彼女のズボンを脱がせようとするのです。
 
あまりにも突然の暴漢の出現に、マヤさんは恐怖で身動きすることができませんでした…  こういった状況で犯人の顔をじっくり見たら殺される、と聞いたことのあったマヤさんにできた唯一のことは、ひたすらに目を固く閉じているだけでした。
 
広い公園の片隅で彼女の身に起きている危機を、部屋にいた彼氏は気付くはずもありません…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook