サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ニューヨークの地下鉄でお悩み相談ブースを開設しているのは11歳の男の子! 相談者へのアドバイスが的確だと話題に!

Pocket

アメリカ・ニューヨークの地下鉄の駅で、たった2ドルでお悩み相談に乗ってもらえる、とある”相談コーナー”が話題になっています。相談者に的確なアドバイスを送っているのはなんと11歳の少年なのです。


アメリカ・ニューヨークの地下鉄の駅で

アメリカ・ニューヨークの地下鉄の駅で、段ボールで作った看板を掲げ、”お悩み相談ブース”を開設しているのは、11歳の少年、Ciro Ortizくんです。Ciroくんはブルックリンに暮らす小学6年生。数ヶ月前からこの相談ブースを始めました。

1回の相談料は2ドル。毎週日曜日のお昼から午後2時ごろまでブースを開設し、ひとりの相談者につき5分程度の時間をかけてアドバイスをしています。

いじめに遭ったことがきっかけに

Ciroくんがこの仕事を始めたのは、以前学校でいじめに遭ったことがきっかけでした。そのときの辛かった経験を経て、困っている人たちのために一緒に問題を解決する手助けをしたいと思うようになったそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook