サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【愚かで痛ましい事件】動物虐待につながる「自撮り」が続出…

Pocket

スマホの普及、SNSの発達。このふたつが大きな要因となって、「自撮り」という文化はかなり浸透、定着してきました。「自分とかわいらしい何か」、「自分と珍しい何か」… それを写真に収め、TwitterやInstagram、Facebookに投稿する。この根底には、自分も何かを発信したい、注目されたい、という自己顕示欲が潜んでいます。しかし、この自分を満足させるための自撮りは、ときに取り返しのつかない悲劇を生んでしまいます。


2016年3月に起きた事件

アルゼンチンのビーチでは、観光客がイルカの赤ちゃんとの自撮りに夢中になりすぎ、イルカの赤ちゃんは脱水症状で死亡… 絶命してしまったイルカの赤ちゃんは砂浜に捨てられるという事件がありました。また、中国の動物園ではクジャクと自撮りしようと、来園者がクジャク2羽に抱きついたために、2羽とも死亡してしまいました。
 
このように自撮りはときに、動物の命をも奪ってしまいます。そして2016年3月には、マケドニアにあるオフリド湖でまたも痛ましい事件が起こってしまうのです。こちらの写真をご覧ください。

出典:world-action.net

この写真は、ブルガリア人観光客が白鳥の首を無理やり掴み、自撮りをしようとしているところです。オフリド湖の湖畔にいた白鳥を掴んで、岸に引っ張り上げるという暴挙。もがいている白鳥と笑顔の女性… この写真が撮られたあと、女性は白鳥をすぐに離したそうですが、白鳥はそのまま岸で生き絶えてしまったと、地元紙は伝えています。

出典:world-action.net

出典:world-action.net

写真が拡散され、炎上

この写真はネット上で拡散され、世界のさまざまなメディアに取り上げられました。ここまでくると「自撮り」は動物虐待です。自己満足の自撮りのために動物が命を落とす必要はどこにもないのです。そして自分自身がそのことに留意するだけでなく、そういう場面を見かけたら、言葉を話せない動物の代わりに、しっかりと止める勇気も必要です。つまり、このひどい自撮り現場を写真に収めているその撮影者も、無実ではありません。このような痛ましい事件が早くなくなることを祈ります。

出典:world-action.net

 

出典:youtube.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook