サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

アニメじゃない! 試合終了間際の同点オーバーヘッドシュート、決めたのはなんと…!!

Pocket

2016年12月1日、南アフリカで開催されたサッカーの試合でいろんな意味で超レアなゴールが炸裂し、話題になっています。


南アフリカ共和国のサッカー1部リーグ

2016年12月1日に開催された、南アフリカ共和国のサッカー1部リーグ・プレミアサッカーリーグの「バロカF.C. vs オーランド・パイレーツ」戦で、アニメや映画でしか決まらないようなゴールが炸裂し、話題になっています。
 
そのゴールを決めたのはこちら、バロカF.C.所属のマスルク・オスカリン選手です。

出典:twitter.com

オーバーヘッドキック!

そのゴールが決まったのは、試合の終了間際。後半のアディショナルタイムのことでした。バロカF.C.は1点をリードされていましたが、このタイミングでコーナーキックをゲット。最後のチャンスだったのです。

出典:youtu.be

コーナーキックによって蹴られたボールはゴールにぐんぐん迫り、キーパーが直接パンチング。そのこぼれ球に反応したがマスルク選手でした。

出典:youtu.be

こぼれ球をなんとオーバーヘッドキック! これがキーパーの手をかすめ、そのままゴールネットを揺らしたのでした!

出典:youtu.be

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook