サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「犬捨て公園」という異名… 犬の地獄と化した公園で犬を保護し続ける女性が涙の訴え

Pocket

アメリカのとある公園。この公園に付けられた異名は『犬捨て公園』でした。虐待を受けた挙句に捨てられる犬、すでに死んでしまっている犬… そんな犬がそこここに放置されているこの場所は、公園とは名ばかりで、「犬にとっての地獄」と化していました。そんな「地獄」で、「この犬たちを助けたい!」と、ひとりの女性が立ち上がり保護活動を続けています。


治安の悪さはトップクラス

アメリカ・テキサス州のタラント郡フォートワース市。治安は悪く、全米でも危険な都市ワースト20位内に入っているほどの街です。そんなフォートワース市に「エコー湖公園」はあります。
 
この公園の異名は「犬捨て公園」。周囲を住宅街に囲まれたこの公園には、毎日のように犬が捨てられ、酷いケースでは公園内で犬を虐待している人間の姿も目撃されています。また、この公園のすぐ横には南北の都市を結ぶサウス・フリーウェイが走っており、それもあってここまで犬の遺棄が増えているのかもしれません。
 
本来であれば、行政や警察がこうした動物の遺棄事件をしっかりと管理するべきです。しかし、この公園を所有・管理するのはタラント郡で、公園の場所そのものはフォートワース市警察の管轄。うまく連携が取れているとは言えず、スムーズな対応が困難な状態… 悪循環が止まりません。
 
行政がこんな状態ですから、捨てられた犬は増え続けるばかりです。この状況を見かねて立ち上がったのが、同市に住む女性のジュディー・オブレゴンさんでした。

出典:www.facebook.com

毎日2回公園に通う

ジュディーさんは、心ない人間によって捨てられた犬を保護するために、毎日2回もこの公園に通い続けています。この頻度がどれだけ多くの犬が捨てられるのかを物語っています。
 
怪我をしている捨て犬、まだ幼い子犬、虐待を受け傷を抱えた犬… 犬たちの心の叫び声が、他の誰にも聞こえなくても彼女には聞こえるのでしょう。捨て犬がいないか、公園以外の道端なども入念に確認します。
 
被毛がボロボロになったこの犬は、住宅街近くの空き地にいたところを保護されました。かわいそうなことに子犬のころから2年以上も街を徘徊していたのです。

出典:www.facebook.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook