サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【閲覧注意】交通事故死したふたりの青年 その遺族が事故直前から直後の車内映像を公開した理由とは…?

Pocket

2015年4月、イギリス・クロウバラで、若いイギリス人男性ふたりの交通事故が発生しました。ひとりが運転をし、ひとりは助手席で携帯電話で車内の様子を撮影。ふたりを乗せた車は法定速度を大きく超え、教会の壁に激突しました。ふたりは即死でした。


若い男性が起こした交通事故

イギリス人のマイケル・オーエン(21)とカイル・ケアフォード(20)はふたりで車に乗っていました。カイルが運転をし、マイケルは助手席で車内の様子を携帯電話で撮影。その楽しそうなドライブの様子は、少しの違和感を残しつつも、事故発生直前から車が猛スピードで教会の壁に激突した後まで、映像に克明に記録されていました。

出典:www.facebook.com

マイケルの携帯に残された車内の映像は、後日、遺族の意向により、YouTubeに公開されることになります。これは日本では例を見ないことです。遺族はなぜそのような衝撃的とも言える動画を公開したのか… その理由と意図は、映像から見て取れた「違和感」にありました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook