サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

この傷跡は虐待に打ち克った証! 虐待時にできた傷跡をそのまま再現した、とある虐待犬のぬいぐるみが多くの動物を救う!!

Pocket

2015年12月、カナダ・オンタリオ州でのこと。口と足を絶縁テープで縛られ、動くことも吠えることもできなくされた1匹の犬が畑に横たわっていたところを発見されました。


「ジャスティス」と名付けられた犬

なぜこのような酷い状態でこの犬は放置されてしまったのでしょうか…
 
もともとこの犬を手放したかった元飼い主は、マイケル・ヒルと名乗る男性にこの犬を託しました。というのも、ヒルが「この犬をアニマル・シェルターに連れて行く」と申し出たからです。そして元飼い主はヒルにこの犬を託すとともに「シェルターの引き取り料」として$60(約6千円)を支払いました。
 
しかし、ヒルは嘘をついていたのです。ヒルは、最初からそのお金を自分の物にすることが目的だったので、犬が自然に死ぬようにと、このような形で畑に放置したのです…

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

その後、ヒルは逮捕、2年の実刑判決を言い渡され、この犬は慈善事業団体「ウィンザー/エセックス郡ヒューマンソサエティ」によって保護されました。
 
団体はこの犬に「ジャスティス」という名前をつけました。「正義」という意味です。

出典:www.facebook.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook