サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

木に縛られ、「商品」として売られていく直前のオランウータンを救出! 希望を失ったその眼に映るものは…

Pocket

現在オランウータンは絶滅の危機にさらされています。その主な原因は熱帯林の違法伐採や農地開拓によるによる生息地の減少、そしてペットにすることを目的とした密猟や密輸… 珍しい動物をペットにしたいという人間の願望のために毎年何百ものオランウータンが密猟されているのです。


木にロープで縛りつけられた状態で発見

世界的に数の少なくなっているオランウータンですが、その生息地も限られており、インドネシアのスマトラ島北部、ボルネオ島がその生息地として有名です。
 
先日、そのボルネオ島で野生のオランウータンが木にロープで縛りつけられている状態で発見されました。

ボルネオ島ではヤシ油のプランテーションにより大規模な工場が建設され、オランウータンは居場所を奪われつつあります。そんな状況を利用して、金に目のくらんだ一部の地元住民たちが、オランウータンを捕獲、誘拐し、密売ブローカーに売っているのです。

希望を失った眼

今回発見されたオランウータンも密売者の手によって木に縛られていたと考えられます。オランウータンはロープに抗う様子もなく、その眼は希望を失っていました…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook