サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

600 kmの距離を走って飼い主の元へ帰ったイタリアの忠犬

Pocket

600 kmの距離を走って飼い主の元へ帰ったイタリアの忠犬

イブラハム・フワルは、シリア・ラオディキア出身の65歳の男性です。若い頃にイタリアに移住し、以来、海に近いカッラーラで暮らしています。 犬好きのイブラハムは、社会のために良いことをしようとの思いから、あるとき保護犬を引き取ることにしました。3年後にあんなことが起こるなんて、彼はこのとき知る由もありませんでした。

イブラハムは、市内の動物シェルターで生後数ヶ月のジャーマンシェパード犬に出会います。イブラハムはこの子犬をロッキーと名付け、家族に迎え入れました。

イブラハムはロッキーのことを自分の息子のように可愛がり、どこにいくにもロッキーを連れて行きました。ロッキーも新しい環境に慣れ、たっぷりを愛情を受けながらすくすくと成長していきます。

そんなある日、イブラハムはロッキーをビーチへと連れて行きました。とても暑い日で、イブラハムはロッキーを砂浜に座らせてひとりで海に入ったそうです。しかし海から出てきたとき、そこにロッキーの姿はありませんでした。辺りを探しても、大きな声で名前を呼んでも見つからず、街中のシェルターも訪れましたが、犬の行方を知る人は誰もいませんでした。

イブラハムが落胆してビーチに戻ってくると、そこにいた人からジプシーの人が似た犬を連れていたと聞かされたのです。ロッキーは、迷子になったのではなくさらわれていたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook