サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

毎日の散歩でガンと闘う犬

Pocket

毎日の散歩でガンと闘う犬

ジョーイ・マックスウェルは、アメリカのフロリダ州で妻とともに暮らしています。夫婦は8年前、地元の動物シェルターでゴールデンレトリバーの子犬を引き取り、マーベリックと名付けました。マーベリックは近くの林で捨てられており、保護されたときはひどく衰弱した状態だったそうです。

「私たちがこの子と初めて出会ったとき、マーベリックはまさに骨と皮だけといえるほど痩せてはいたけど、この子はすぐに私たちになついてくれたし、私たちが引き取るべきなのはこの子なんだと強く感じたんだ。それからこの子は私たちに、多くの素晴らしい時間を与えてくれたよ」ジョーイは話します。

マーベリックはジョーイの家に新たな家族の一員として迎えられ、一家から大きな愛情を受けて育っていきました。しかし、マーベリックが6歳を迎えたころ、ガンに侵されているという診断を受けました。ジョーイと妻は深く悩みましたが、このままマーベリックの体力がどんどん落ちていくのを見守っていくよりはと、最終的に化学療法を受けさせることを決断しました。

治療によっていったんは姿を消したガンでしたが、残念なことに再発してしまいます。マーベリックの状態は深刻なまでに悪化していきました。

ある朝、夫婦はマーベリックの鳴き声で目を覚まします。

「マーベリックはもう歩くこともできなくなっていた」ジョーイは話します。「そのときこの子は床の上でもがいていて、もう頭を持ち上げることすらできなくなっていたんだ。食べることも水を飲むこともできず、ただそこで震えていた」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook