サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

砂漠のマラソンで飼い主と運命の出会いを果たした犬が行方不明に

Pocket

砂漠のマラソンで飼い主と運命の出会いを果たした犬が行方不明に

スコットランド人のアスリート、レオナルド・ディオンは、ゴビ砂漠を横断するウルトラマラソンに出場するために中国を訪れていました。 中国からモンゴルに広がる大砂漠を6日かけておよそ250キロの距離を走破するという「Gobi March」レースは、世界で最も過酷なマラソン大会のひとつに数えられています。砂漠地帯の日中の気温は40℃前後、夜になれば氷点下まで冷え込みます。

レース初日、レオナルドは100人を越える出場者たちとともにスタートラインに立っていました。そのとき、彼は砂漠の砂と同じ色をした1匹のメス犬が自分を見上げていることに気が付きます。レースがスタートすると、犬はレオナルドを追いかけるようにして一緒に走り始めました。そしてなんとそのまま一緒に、初日の35キロメートル区間を走り抜いてしまったのです。レオナルドは、犬の驚くべき持久力に感心するばかりでした。

2日目の朝、スタートラインに立ったレオナルドのもとにどこからともなく再び犬が現れます。そして、その日も一緒にレースをスタート。レオナルドは何か特別なことをしたわけではありませんでしたが、不思議なことに犬はほかの選手には目もくれなかったそうです。

「一緒に走る?ってな具合に見上げてきたんだ。でも、こんなに長くついてくるとは思っていなかった」

そして犬はその日の区間もレオナルドと一緒に完走してしまいます。その夜、レオナルドは犬を「ゴビ」と名付け、水と食料を分けてあげました。2人の間には絆が芽生え、それからレオナルドとゴビは、砂漠を並んで走り、テントで身を寄せて一緒に寝るようになります。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook