サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

子どもたちの悪ふざけでノリで全身を固められてしまった犬… 懸命の治療で体の傷は癒えるも心の傷は深い

Pocket

しかし、パスカルの心に負った傷は相当深いものがあります。クリニックに運ばれてきた当初の様子について、担当した獣医は次のように語っています。

パスカルの目には裏切られた哀しみ、怯え、痛みが浮かんでおり、まだ赤ちゃんであるにも関わらず、年老いた犬のような憔悴した目をしていました。

出典:youtu.be

写真に写るパスカルの、怯えた目が事の重大性を物語っています。今は動物病院で愛情を注がれて毎日を過ごしているようですが、体調がより回復した段階で里親を探すことになっているそうです。
 
子どものしたことだから… と許されるようなことでは、当然、ありません。あってはならないことです。命の尊さを子どもに伝えるのもわれわれ大人の役目。子どもの悪ふざけから始まったこのような事件が二度と起こらぬようにしなければいけません。

 

出典:youtube.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook